News/Topics

2020.04.01

GBiz対応の件と提出代行証明書のGBiz対応新様式の件

 本日4/1 正午に、GビズIDによる申請の磁気媒体届出書プログラムが仕様公開される予定です。

 GビズIDで電子申請可能な届書作成プログラム(Ver.20.00)等は、本日正午頃にアップロード予定となっており、e-GOVサイトでの申請は、 GビズIDで電子申請可能なプログラムが受付可能になるとの事です。

 それに伴い、社会保険労務士が委託されて申請する際の、提出代行証明書の書式も変更となっております。

 GビズIDによる申請による変更点のシャルフでの対応についてご説明します。

 1.GビズIDでの電子申請の仕様公開は、4/1 9:00現在、まだ公開されておりません。公開後、CSV形式の仕様等に変更がある場合には、アップデートにて対応を致しますが、仕様変更後の確認となります。仕様変更は、API申請においても、変更となるかどうかを確認し、変更となる場合には、アップデート対応を行うという形となります。


 2.GビズIDでの電子申請可能になったことに伴い、社会保険労務士が事業所より委託をうけて申請をする際の、提出代行証明書の書式が変更となっておりますが、令和2年3月31 日より前に使用されていた改正前の別紙2の様式については、委託に変更がない限り、令和2年4月1日以降も引き続き当該様式を使用して社会保険労務士に係る電子証明書により電子申請ができる、との事ですので、委託変更がない限りは、今までの提出代行証明書の書式をご利用いただけます。


4/1以降に委託を受託した場合、または、提出代行証明書の内容が変更となった場合につきましては、お手数ですが、下記のリンクより書式をダウンロードして、ご利用ください。

新しい提出代行証明書のダウンロードはこちらから(ワード)

※Wordのバージョン等により正しく表示されない場合がございます。

社労法務システム「6.社保雇用業務」内「提出代行に関する証明書印刷」メニューからも作成していただけますのでご利用ください。

新しい提出代行証明書の書式につきましては、GビズIDでの電子申請の仕様公開後、仕様変更内容を確認し、対応するのと並行して、対応を行う予定です。

イベント新着一覧

Copyright (C) NihonShalf All Rights Reserved.