News/Topics

2020.04.01

日本年金機構からのお知らせと次回アップデートの予定

 本日の午後に日本年金機構のサイトにCSV申請(社会保険と雇用保険)の仕様が公開されました。 

 1.社会保険は大きな改正はありません。
  被扶養者異動届の国内居住要件の例外措置(海外居住要件)の記載方法についての案内はございます。

  被扶養者異動届の国内居住要件により申請用紙が変更されましたので、対応は、7月までを目途にアップデートする予定です。 

 2.雇用保険は雇用保険法改正に関する改正です。
   連記式に関するアップデートは、次回では対応致しません。一人用(e-GOV)の仕様のみ対応致します。

 3.届出作成プログラムが改正されました。
   ・仕様チェックプログラムのダウンロードがなくなり、届出作成プログラムをインストールすることで一緒にインストールされます。
    デスクトップにアイコンは作成されませんので、届出作成プログラムから実行となります。
   ・GBizを利用して直接、電子申請することができるようになりました。
    届出作成プログラムにて作成したファイルとソフトウェアにて作成したファイルを選択して
    e-Govに直接申請ができます。(状況照会や公文書はパーソナライズより)


   ※ API申請自体はGBiz対応していないのでGBizは利用できません。

     この情報はあくまでも、磁気媒体届出書での申請での改正となっております。


次回アップデート予定について

 4月の第2週の後半か、第3週の前半までにアップデート537を予定しております。

 内容については下記の通りです。

  1.子ども子育て拠出金率の改定

  2.雇用保険法改正(連記式は含みません)

    在留資格の選択肢の追加

    氏名変更に関する情報の追加

    その他

  3.一括申請の手続き追加

    厚生年金保険資格取得届(国保組合用)の追加

  3.労働保険年度更新(一括申請)の本年バージョンへの対応

  4.一括有期事業集計の業種選択についての改正

  5.労働保険算定基礎賃金集計表の追加

 ※ 在留カード番号については、未だに仕様公開がされていませんので、仕様公開されてからの対応となります。

イベント新着一覧

Copyright (C) NihonShalf All Rights Reserved.