• ホーム
  • News/Topics
  • 電子申請「審査中」なのに公文書が出ている!? 社保各種届の電子申請受付時に申請データの写しを返却するサービスの開始について 【日本年金機構より】

News/Topics

2022.09.20

電子申請「審査中」なのに公文書が出ている!?
社保各種届の電子申請受付時に申請データの写しを返却するサービスの開始について
【日本年金機構より】

 日本年金機構より、以下の発表がございました。

-----------------------------------------------------------------

電子申請受付時に申請データの写しを返却するサービスの開始について
お客様が電子申請された内容およびそのデータが確実に日本年金機構に届いていることをご確認いただけるよう、
当機構が受理した電子申請データの写しをお返しするサービスを開始します。
なお、個人番号に関しては、マスキング処理を実施しております。
 
<対象届書>
電子申請された届書(年金給付関係の届書を除く)
※健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届/厚生年金保険 70歳以上被用者該当届、
健康保険・厚生年金保険 被保険者賞与支払届/厚生年金保険 70歳以上被用者賞与支払届など
 
確認方法
  • e-Govから申請した場合
    メニューの「申請案件一覧」からご確認いただけます。
  • 届書作成プログラムから申請した場合
    メニューの「届書の申請・申請状況の照会」からご確認いただけます。
  • マイナポータルから申請した場合
    メニューの「申請状況照会」からご確認いただけます。
※労務管理ソフトから申請した場合は、電子通知書の公文書等と同様の方法にてご確認いただけます。
 
開始時期
令和4年9月20日(火曜)より開始
-----------------------------------------------------------------
 
 
公文書として発行されますので、社労法務イージアAPIおよびロボゼロでは、
従来の公文書取得と同様に取得、表示をしていただけます。
 
尚、手続が完了した際に、従来の公文書が発行されますので、
複数回公文書取得を行っていただくことになります。
 
詳細は日本年金機構ホームページをご覧ください。
 
Copyright (C) NihonShalf All Rights Reserved.